とくに何も無いまま...

元号が変わるのは久しぶりで

あのどんよりと暗かった昭和の終わりを思い出し

雨で暗い今日とて平穏なものだと

しみじみ

...といって

やっぱり特に何も無いまま...

 

 

f:id:narutakiso:20190430112417j:plain

 

 

連休中に復活させる原付の自賠責をとったら

平成36年との表記だったのがちょっとした「平成みやげ」

レジには既に令和表記の標章(令和6年)もあるのに

今日までは平成表記のものを渡すようになっている様子

うかつな私はこれを見てようやく

平成36年=令和6年と置き換えし易いことに気付く

元号を31年で終わらせたことに込められた

もしかしたら気遣いなのですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴滝を漫ろ...

雨です

未明には強く降りました

でも...「花散らしの...」なんてのはありません!

花は”散らされ”たりしません

時が来れば自ら花びらを散らすんです

 

f:id:narutakiso:20190410113444j:plain

 

散らされているように見えるのは

雨で屋根や地面に貼り付くから

ここ数日の暖かさで自ら散っただけのこと

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190410115148j:plain

 

近頃カメラを持った人で心落ち着かないこの辺り

雨で静かになったので

ひとり漫ろ歩き

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190410122548j:plain

 

人出の目当てはこの区間

桜並木の間をコトコトと京福・北野線が往きます

でも、三脚を立てる輩なんかのせいで

撮れる場所が狭まりました

 

 

 

 

  

f:id:narutakiso:20190410122706j:plain

 

桜花は散り始めましたが

実はこれからがここの見頃...

散り姿も良いものです

 

 

 

 

 

 

 

 

脚下照顧

f:id:narutakiso:20190409103002j:plain


 いつも見て通る公園

桜花の時期はちょっと寄ってみたくなる公園

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190409103203j:plain

 

暖かな晴れ間というのに

ブランコにも子供は居らず

時折はらりと花びらと揺れるだけ

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190409103433j:plain

 

静かな公園には人影は2,3人

吹く風に濃い桜影が揺れて

心地いい空間

 

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190409104005j:plain

 

昨日は花まつりでした

うかつにも忘れていました

今朝は花に合掌

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190409104537j:plain

 

桜の足下で咲く花

調べてみたら”ハナニラ”というらしい

葉にニラやネギのような香りがするとか

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190409105434j:plain

 

振り返るとそこは

ちっちゃな桃源郷のように見えました
 

 

 

 

 

 

 

 

黙って桜花...

陽差しも暖かい日曜日

通りにも他府県ナンバーが溢れていて

桜の名所はどこもいっぱい

 

f:id:narutakiso:20190407104229j:plain

 

 

人混みに拒絶反応を示してしまう性分なので

今日も今日とて静かな桜を見つけては

ひとり黙って眺めます

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190407105123j:plain

 

堀川御池の交差点

大通りとしての突き当たりに二本の桜花

紅しだれはまだですがこちらの桜はもう満開です

 

 

 

 

 

 

f:id:narutakiso:20190407105038j:plain

 

多くのクルマが行き交い

ヒトもその傍を通りすぎますが

心静かに桜花と一対一